楽譜はもう怖くない。憧れのピアノがたった30日で弾ける方法

ピアノが家にあるけれど、弾けない。そもそも楽譜が読めないし・・・ でもまったく問題ありません。
両手を使って、ピアノで大好きな曲を思う存分弾けたらきっとカッコ良いですよね。

ですが、ピアノが弾けるようになるためには、ちんぷんかんぷんの楽譜の記号を、ひとつずつ暗記して、指が動くように、何度もつまらない練習曲を練習して、 毎日、何時間もピアノに向かって練習、そんなイメージを持たれていませんか? 確かに、今からピア二ストを目指すのなら、それくらい、もしくは、それ以上の努力が必要かもしれません。

もし、あなたが大人の趣味として、楽しくピアノを弾きたいと思われているなら、もっと簡単に、楽しく、短期間でピアノが弾ける方法があります。 既に実践された方からは、
「まったく初めてでしたが、ピアノが弾けるようになって嬉しいです」
「娘に褒められました」
「大好きな曲を弾けるようになりました」
などなど、喜びの声がぞくぞくと上がっています。

何故、これほど多くのピアノ初心者が実践し、ピアノを弾けるようになったのか? 楽譜がスラスラ読めるようになってからピアノを弾こうと思うと、まず1曲を弾けるまでに、3ヶ月ほど掛かかってしまいます。 考えるだけで、果てしないなと感じますよね。ですが、この上達法なら、たった30日で曲が弾けます。しかも2曲も。

実は、楽譜を丸暗記しなくて良いのです。これはかなり嬉しいですよね。 途中で挫折する心配もなく、ピアノを弾けるので、どんどん楽しく弾けることでしょう。 でも、何故楽譜を丸暗記しなくて良いのでしょう?

その答えは楽譜にあります。通常の楽譜にあるものを足した、「特別な楽譜」を使うのです。 この「特別な楽譜」を使えば、誰でもスラスラ楽譜を読めるので、見て直ぐ曲に挑戦できるのです。 「特別な楽譜」って、一体どんな楽譜なの?ヒントは、「フリガナ」と「数字」です。

想像してみて下さい。ピアノで大好きな曲を思う存分弾いて、心の底から震えるような感動を感じているあなたの姿を。 ちょっとした夜のひと時に、お酒を片手にピアノを弾く、そんな、贅沢な時間も過ごせることでしょう。

>> 受講者5,000人以上の人気ピアノ教材 初めてでも名曲を楽しく弾ける練習法があります。

60歳でピアノが弾けた