中古ピアノを購入する時の注意点

中古ピアノを購入する時の注意点をご紹介します。

ピアノは、定期的に買い換えれるような安い金額ではなく、高額な商品なのでできたら中古で購入したいと 考えられている方も多いと思います。中古のピアノを購入することは、問題ないのですが、購入する際に しっかりと注意点を確認して選んで下さい。 注意点ですが、中古ピアノは以前その人がどのような扱いをしていたのか、どのくらい使用されていたのか そのピアノの製造年月日をまず初めに確認して下さい。製造されて20年、30年たった物は、頻繁に修理する 必要が出てくるので、できるだけ避けた方が良いです。

その次に、確認して頂きたいのがピアノの外観です。音には直接関係のない部分ですが、ピアノの塗装は 大変高度な技術が必要で、かなりの手間と時間が必要です。そして、できるならピアノの後ろ側の共鳴板が キレイかどうかも、見ておくと良いです。そしてその後に、実際に弾いてみて下さい。 この時大切なのは、総ての鍵盤の音を出してみることです。 音がこもっていないか、響きがうるさくないか 鍵盤ががたついてないかどうか、音色が鍵盤によってバラバラでないか等をしっかりチェックして下さい。 鍵盤は左右に動かしてみると、がたついているかどうかが分かります。

またピアノの中身は、ギターの弦をフエルトのハンマーで叩くようにできています。 昔のピアノ、現在の高級ピアノなどはハンマーの部分に木を使っています。最近のピアノは、 木に変わって樹脂を使っています。もし、前に使っていた家の湿気が多いと、このプラスチックとフエルト が外れてきます。また、悪徳業者ならば弦の交換などはしていないので、見栄えだけ良くするように 紙ヤスリで表面だけ磨いています。古い物は傷もついて見栄えは悪いですが中身はしっかりとしています。 外からでなく、中身、アップライトならば、上部の蓋を開けて貰って見て下さい。

TOPページに戻る